検索 メニュー

製品に関する重要なお知らせ

先輩の声Senior voice

NAKAJIMA HIRONOBU

トップアスリートへの手厚いフォローが最上級のプレーを引き出す

中島 弘順<
営業本部 ベースボール営業 
渉外販促東日本
中島 弘順

現在の業務について

主にプロ関係の業務に就いています。ゼットが契約して、用具を提供しているフォロー選手に関して、バットのグリップの太さやグラブの厚さを調整して欲しいなど選手からの様々なリクエストを聞き、それらを工場へ忠実に流して、完成品を選手に納品することが主な仕事です。

入社した経緯について

私自身、野球をしていたのですが、高校時代によく足を運んで下さっていたゼットのセールスの方がいらっしゃいました。その方の働き方や、挨拶の仕方が素晴らしくて、私もその方のようになりたいと思い、その方を見習ってこの会社に入って育っていきたい、またその方に恩返しをしていきたいと思い、ゼットを選びました。

入社前と後とを比べて

私は野球をやっていたこともあり、野球専門の会社と思っていました。けれど、ゼットは野球だけでなく、他のメーカー様の商品を仕入れて、それらを小売店様に卸す仕事がメインだと、入社して初めて知ったようなかたちで、そこについては驚きがありました。

職場の雰囲気について

先輩、後輩が非常に明るく、すごく活気がある会社だと感じています。職場には様々な年代の方がいますが、壁の様なものはありません。どの先輩でもやさしく接してくれますし、後輩は色々と質問してくれますので、非常に充実した環境だと思います。

仕事で苦労したことについて

選手が要求される、グラブに対しての厚さや硬さ、バットの太さや細さなど、それらをどう工場に伝えるか。フィードバックの仕方によっては、全く違うものが仕上がってくることもありますので、そこは難しいと感じました。

仕事のやりがいについて

要望を受けて作ったものを実際に選手に使ってもらい、「ヒットを打った」、「ホームランを打った」という良い成績に繋がった時に、見ていて嬉しいですし、「このバットだから打てた」といったことを言われた時はすごくやりがいを感じます。

今後の目標や夢について

高校、大学、社会人、そして一番上のレベル、プロでやっている選手たちの一流の道具を間近で見させていただいています。その経験をより販売の方に繋げていくことができれば良いなと思っています。

一覧に戻る