検索

重要なお知らせ

BUFF®とユニセフ:世界のための同盟

私たちは今、特別な時代を生きています。私たちの地球では新たなニーズが生まれ、すべての人の手が必要とされています。だからこそ、私たちは「DO MORE NOW」を決意し、ユニセフとの企業提携を設立しました。

世界中の人々がCOVID-19の影響に苦しんでおり、最も脆弱な地域ではさらに危機的な状況となっています。世界的な病気と二重の緊急事態:COVID-19は、すでに打撃を受けている国々に新たな脅威をもたらしており、救命支援の提供をさらに困難にしています。

私たちは、利益の2%をユニセフに寄付するとともに、COVID-19と最も脆弱な国々の子どもたちや社会に及ぼす影響に対抗するための3つのプロジェクトに貢献することができるでしょう。

子どもたちのための世界的人道援助

COVID-19の大流行は、医療システムが崩壊し、国境が閉ざされ、学校や企業が閉鎖される中で、子どもたちとその家族の生活を一変させました。 ユニセフは保健の専門家と協力して、恐怖を乗り越えて事実を伝え、親や介護者、教育者に信頼できる指導を提供しています。ユニセフは190カ国以上の国々で現場に立ち、第一線で活躍する人々と連携し、子どもたちとその家族の健康と学習を維持し、保護するために必要な情報と資源を提供しています。 私たちは、すべての子どもたちのために、この問題を一緒に乗り越えていきます。

シリアでのCOVID-19との戦い

シリア紛争が3月で9年目に突入し、子どもたちが戦争、暴力、死、難民に囲まれて次の10年を迎える中、中東・北アフリカ地域はCOVID-19の迫り来る脅威に直面していました。ユニセフと国連西アジア経済社会委員会によると、中東・北アフリカでは、ロックダウンや企業の閉鎖による雇用の喪失が予想され、さらに400万人の子どもたちが貧困に陥る可能性があり、すでに荒廃している医療システムにさらなる負担をかけることになる可能性があります。

ユニセフはこのプロジェクトに協力して、シリアの子どもたちとその家族にCOVID-19に関する予防メッセージを伝えるとともに、COVID-19のリスクを軽減するために、清潔な水を提供し、何十万個もの石鹸を配布しています。これを受けて、ユニセフはまた、石けん配布を含む手洗いの普及キャンペーンを通じて、数十万人のシリア難民にも支援を行っています。

セネガルにおけるCOVID-19との闘い

セネガルでは、3月2日にCOVID-19の最初の症例が報告されて以来、確認された症例のほとんどが人口密集地域の住民であることから、国内全域に急速にウイルスが拡散するリスクが高まっています。したがって、予防的介入を早急に行うことが最も重要です。ユニセフは、WHOをはじめとする国際機関とともに、政府のCOVID-19対応を支援しています。

このプロジェクトの目的は、水、衛生、医療サービスへのアクセスを確保することにより、新型コロナウイルスの影響を受けた人々の生存と発展に対する権利の実現に貢献することです。例えば、フェイスマスクや水の容器などの重要な備品の供給と配布、学校での教育活動による衛生習慣の改善、肺炎やマラリアなどの病気から子供たちを守るなどの活動が行われます。

さいごに

私たちの世界とそこに生きる人々は、私たちの最も大切な宝物です。私たちは、意識と行動を信じています。そのために、私たちは「Do More Now」のプロジェクトに継続的に着手し、より良い世界を創造するためのお手伝いをしています。

PAGE TOP