Facebook 検索 メニュー

製品に関する重要なお知らせ

ニュース&トピックスNews & Topics

2018シーズン ZETTグラブで大活躍!最多セーブ投手賞・森唯斗投手、ゴールデングラブ賞・中村奨吾選手とゼットアドバイザリープロスタッフ契約を締結!

「ベースボールを科学する。」ゼット株式会社は、2018シーズンにパ・リーグ最多セーブ投手賞を受賞した森唯斗投手(福岡ソフトバンクホークス)と、プロ野球における守備の栄誉である三井ゴールデン・グラブ賞二塁手部門をZETTグラブで獲得した中村奨吾選手(千葉ロッテマリーンズ)とそれぞれゼットアドバイザリープロスタッフ契約を締結しました。
ゼットは両選手のアドバイスを取り入れながら製品を提供するほか、全面的にサポートを行います。

主な契約期間と内容は下記のとおりです。

《契約期間》
2019年1月1日から2019年12月31日までの1年間

《主な契約内容》
①ゼットが製造する下記野球用品の使用
 森唯斗投手/グラブ、スパイク、バット、バッティンググラブ、ウエア
 中村奨吾選手/グラブ
②商品開発、改良などに対するアドバイス
③広告やカタログ、ポスターなどの宣伝、販売促進活動や催事への協力


森唯斗 福岡ソフトバンクホークス

森唯斗(もりゆいと)/投手
2014年、ドラフト2位で福岡ソフトバンクホークス入団の27歳。
2014シーズンから5年連続50試合以上登板を達成し、2018年9月には日本記録となる7試合連続7セーブをマークすると、同シーズンは37セーブを挙げて最多セーブ投手賞を獲得。同年の日本シリーズには5試合に登板し、3セーブを挙げるとともに胴上げ投手にもなり、守護神として平成最後の日本一に大きく貢献した。


中村奨吾 千葉ロッテマリーンズ

中村奨吾(なかむらしょうご)/内野手
2015年、ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズ入団の26歳。
2015年4月8日のオリックス・バファローズ戦で「9番・二塁手」でプロ初スタメン出場を果たす。2018シーズンは開幕から「3番・二塁手」としてフルで活躍。シーズン通して157安打を放ち、打率.287をマークすると盗塁数も39を記録した。また、2018シーズンの三井ゴールデン・グラブ賞二塁手部門を受賞するなど堅実な守備に定評がある俊足・強打の二塁手。


   ゼット ベースボールオフィシャルサイト   https://zett-baseball.jp/

一覧に戻る

ニュース&トピックス