検索 メニュー

製品に関する重要なお知らせ

先輩の声Senior voice

NAOI NOZOMI

スポーツ企業ならではの活気があり、若手社員にも挑戦する機会を与えてくれる社風

直井 望
アスレチック事業部 
ラケット営業東日本
直井 望

お仕事の内容について(部署全体の業務/担当されている業務など)

サッカー・卓球・ラケット(硬式・軟式テニス、バドミントン)を取り扱うアスレチック事業部のラケット営業に所属しています。主にラケット専門店、ネット通販企業、テニススクールなどを担当し、それぞれのお取引先様に満足していただける商品を提案するため、各メーカーや自社の仕入れ部門などたくさんの方々のご協力を仰ぎながら日々業務を行っています。また、当社が総販売元になっている「FILATENNIS」ウェアの企画にも携わっていて、商品提案はもちろんのこと、メーカーとして大会などでブースを出展し販売も実施しています。

ゼットを就職先として選んだ動機は

私は小学生の頃から硬式テニスを続けていて、その時から可愛いテニスウェアが大好きで、ウェアの企画や商品提案ができるメーカーの仕事がしたいと前々から考えていました。当社を選んだ理由は、女性ユーザーから絶大な人気を誇る「FILATENNIS」のウェアを扱っていることや、その他多くのテニスブランドの取り扱いがある分、ユーザーに合った幅広い提案ができるという他社にない強みを持っていたからです。

入社して実感したこと(入社前と入社後のギャップなど)

入社前は、当社がスポーツ業界でどのような立場でどのような事業を行っているか、詳しくは理解できていませんでした。入社後まず1か月間、物流センターと受注業務の研修を行いますが、その中でメーカーからお客様の手元に商品が届くまでの過程を知ることができました。1つの商品がお客様のもとに届くまで、とても多くの方々が携わっていたことに驚きを感じ、商品をもっと大切に扱おうと反省もしました。また、ミスをすれば多くの方にご迷惑をお掛けしてしまうことにもなるので、日々の報・連・相を徹底し、言動にも気を付けることを心掛けています。

仕事場や一緒に働いている方々の雰囲気(社風)について

入社してすぐは分からないことだらけでとても不安でしたが、部署関係なくたくさんの先輩方にお世話になり、分からないことは詳しく教えていただきました。お恥ずかしながら未だに分からないことがあるので、今でも時々先輩方に質問をしていますが、快く教えていただけるので日々とても助けてもらっています。スポーツ会社らしく、スポーツ経験者が多く元々活気のある社風ですが、ここ数年で多くの新入社員が入社されていて、そのような若手社員にも挑戦をする機会を与えてくれる会社だと感じています。その上で失敗をすることもありますが、たくさんの方にサポートしていただけるので、これからも自分の意見をしっかり伝えていこうと思っています。

仕事に対するやりがいは(最も嬉しかったことなど)

入社1~2年目は、日々の仕事の流れや年間スケジュールを覚えるので精一杯だったので、あまり実感した記憶はありませんでした。3~4年目になって、お取引先様の状況や欲しい商品提案を把握できるようになり、それぞれに合ったご提案を行うように心掛けました。私の提案が採用された時が今でも最高にうれしい瞬間で、お取引先様のお役に立てることが何より私の一番のモチベーションになっています。また、FILATENNISの展示会・イベントなどで直接お客様とお話する機会があるのですが、お客様がFILAのウェアに対してどのように感じているのか、どのような商品が欲しいのか、いつも貴重なご意見を多くいただけるので、私にとって非常に大切な場になっています。中には厳しいご意見もありますが、お褒めのお言葉もたくさん頂いていて、お客様がFILAに対して期待をして下さるからこそ、商品企画でお客様のご意見を反映できるよう努めたいと思っています。

仕事の中で最も苦労していること

お客様のもとに商品が届くまでメーカーやお店、当社の受発注部門や物流センターの方々とのやり取りが必須になります。その方たちの【お話を間違いなく聞き取り、正確に伝わるようにすること】が簡単なようで難しく、入社してから今でも永遠の課題になっています。そこでミスが起これば関係者全ての方にご迷惑をお掛けする結果になってしまうので、日々確認を忘れず慎重に行っています。また仕事で必ずパソコンを使用するため、入社前からもっと勉強しておけばよかったと後悔しています。特にエクセルでのデータ作成が多いので、今でも先輩方に教えていただきながら勉強をしています。

1日のスケジュールについて

出社してからまずメールチェックを行います。担当しているお取引先様からのご注文・在庫確認・商品についてのお問い合わせや、メーカーからの新商品・特価商品などの情報が届くので、確認後対応していきます。また社内からも各メーカーや商品に関する情報メールが日々届くので、その情報も取り入れながら、お取引先様へのご提案資料を作成します。その資料を持参してご注文をいただけるよう商談を行います。また、お取引先様と会話をする中で、現状何が売れているのか、どんな商品が欲しいのか、などの状況確認も忘れず行うようにしています。

仕事における、現状の課題や問題

入社4年目になって1人で任せてもらえる仕事は増えていますが、まだまだ先輩方に助けていただくことが多いので、経験を積んで1日も早く1人前になることが課題です。アスレチック事業部は競技用品専門の部署であり、浅はかな知識での商談はできないと感じています。硬式テニスは経験者なので商品知識もすぐ身に付けることができましたが、軟式テニスやバドミントンはまだまだ知識不足で、お取引先様にご教授いただくことも度々です。そのため、試合観戦に出向いたりメーカー様に詳しく情報を聞いたりしながら、日々勉強しています。

将来の夢や目標について

入社当初はウェアの企画や商品提案を行いたかったので、ラケット営業の配属になり、とても嬉しかったのを覚えています。当時はもっと「FILATENNIS」のファンを増やすことが目標でしたが、今でもそれは変わっていません。今後はウェアだけでなく、お取引先様が必要としているすべての商品を、自分のアレンジを加えてご提案することに努めたいと考えています。【商品知識が豊富で競技経験があるからこそ的確なご提案ができる、信頼していただける】営業を目指したいです。また近年当社でも女性の営業職が徐々に増えてきているので、先輩としても女性の営業職としても、良いお手本となれるよう日々精進していきたいと思います。

一覧に戻る